So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

中学生のためのMandal-Art 入門 [企画・思考]

中学生のためのMandal-Art 入門
「中学生のためのMandal-Art 入門」は全23回にわたって私が師と仰ぐ
デザイナー今泉浩晃先生が、FacebookのiMandalArtサイト・ノートに連載
された記事です。現在もこのサイトでノート過去記事を遡ればみることができます。
しかし、2011年の記事のため遡るには相当の手間がかかります。

私の知人からその連載が素晴らしいので是非多くの方に紹介してはという話がありました。
今回、私のブログに転載する許可を得ました。
今泉先生、「本当にありがとうございます」

転載にもしばらく時間がかかりますが、2回分ずつご紹介します。
今回は、入門1・2をご紹介します。
 
中学生のためのMandal-Art入門 1
2011年6月7日 15:59
中学時代とは、義務教育の終わるとき、社会へ出る準備をするときだ


社会へ出る準備とは、
なんとか、自分のチカラで生きていくことの出来る「自分」をつくること、
生きていける能力を身につける、ということです。

言葉を換えるなら、現代という文明社会の中で、
サバイバルしていける能力、を身につける、ということだ。

教育とは、いつの世も、
生きていくための能力を与えるシステムなのです。

生きていくための能力とは、
人間社会においては、「アタマを使う能力」です。

アタマを使うと言うと、あっ、やっぱり勉強か、と思うだろうが、
私が言いたいのは、学力のことではない。学力ではなく、能力です。

人間の行動は、すべて、アタマの働きから生まれます。

アタマが、どう動くか、どんな働きをしてくれるかによって、
行動は違ってくるのです。

つまり、学力ではなく、脳をうまく使っているか?
自分は、何が欲しいのか、それが分かっているか?
などなど、脳の働かせ方を、学ぶ必要があります。

それが、最低限の能力、サバイバル能力なのです。


教育とは、啓発と訓練でできています。

啓発とは、人が気づかずにいることを気づかせ、
より高い理解や認識に導くことであり、
訓練とは、気づいたことが、出来るようになるために、
繰返しやって身につけること、です。



現代という時代に対応した「啓発と訓練」が、
君たちの「これから」を創ってくれるということを、
しっかり、覚えておいてください。

これから少しばかり難しい話をしますが、
この話を理解するかしないかは、
君の、これからの人生を大きく変えるはずです。

これもまた、アタマを使う訓練です。

中学生のためのMandal-Art入門 2
2011年6月13日 14:32
いつの世も、教育とはサバイバル能力を身につけさせることだったのだ


サバイバル、つまり「生き残る」とは、生存競争ということです。

生物は、すべて「生存」することに命を賭けているのです。
その「生存するために必要な能力」は、環境によって違ってきます。

人間社会はこれまで、狩猟社会、農耕社会、そして工業社会を経て、
今、情報化社会と呼ばれる時代を迎えていますが、
それぞれの時代で、求められる能力は、違ってきています。

単純に言ってしまうと、時代が進むほど、
求められる能力が「脳力」に集約されてきていることが分かります。

重要なことは、人間社会とは「経済社会」だということです。
サバイバルとは、まず、経済的に生き残るということです。

狩猟社会では「獲物」は他の動物たちであり、
農耕社会の獲物は汗を流して得た農作物でした。

では、現代の高度経済社会での獲物は何でしょうか。

それは「お金」です。
そのお金は、誰が持っているかといえば、人間です。

多くの企業は、モノやサービスを売っています。
それを誰かが買ってくれない限り、お金にならないわけで、
誰が買うのかと言えば、私たち「人間」です。

どんなに美味しいものをつくっても、
それを食べにきて、お金を払ってくれる人がいなければ、
レストランは潰れてしまいます。
街では、そのようなレストランがたくさん競争し合っています。

その競争は、誰が一番美味しいものを作るのかではなくて、
誰が一番沢山の人を惹きつけることが出来るか、なのです。

つまり、文明社会での「獲物」は、人間なのだ、
ということがわかります。

人間の獲物は人間であるという社会が、今の社会なのです。
そのことを、どう解釈し、どう理解しておくか、が重要です。

私たちが、義務教育の過程で、
絶対身につけておかなければならないのは、
こうした社会でのサバイバル能力なのです。

そして、この能力は、先ほど言ったように、「脳力」です。

脳力とは、アタマを「使う」能力です。

つまり、アタマを、ちゃんと使えてますか?
という質問になるのです。
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。