So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

思考ツールと問いの構造3 [企画・思考]

思考ツールと問いの構造3
前回示したマンダラをよく眺めてみる。
スライド2.jpg
以前紹介した今泉浩晃氏の「知的ワークのカテゴライズ」マンダラと似ていると思った。
これだ。
スライド1.jpg
比べてミルと様々なことが見えて来る。
 
例えば、STARTは「発想・情報の受信」だ。それが出会いなのだと思う。
例えば、TRYは「提案、提示」だ。それが挑戦なのだと思う。
縦軸をみると出会いと挑戦を主体的にするには、情報への受信感度を上げる
ことが重要だと読み取れる。
横軸はどうだろう。
ANALYSISとDO・AGAINだ。
分析と行動化の繰り返しが重要だと読み取れる。
特に、左3マスと右側3マスを比較するとこうなる。
「PLANNING,ANALYSIS,THINK」
「DO,DO AGAIN,KEEP ON DOING」
これらの3マスを交互に循環させることによってDOが強化される。
そんなふうにも私には感じられる。
さて、中心に浮かび上がって来るマンダは何だろう。
出会いと挑戦の裏に隠されているものだ。
そんなことを考えてみる。
そこに福山実践の真髄が見えて来るのではないかと私は思った。
いわゆるPDCAサイクルとの違いを考えて見るのも面白い。
そんなことも考えている。
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。