So-net無料ブログ作成
検索選択

「主体的・対話的で深い学び」って何だ2 [企画・思考]

「主体的・対話的で深い学び」って何だ2

ただ、書き写したマンダラがこれだ。
スライド1.jpg
スライド2.jpg
スライド3.jpg
どうだろう。
これらをじっくり眺めると、「主体的・対話的で深い学び」の正体が見えて来るよう
に感じるのは、私だけだろうか。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

「主体的・対話的で深い学び」って何だ1 [企画・思考]

「主体的・対話的で深い学び」って何だ1

今泉浩晃「メモ学入門」p.78〜p.79にはマンダラのスタートアップマニュアル
ともいうべき方法が示されている。
テキストをただマンダラ上に書き写すという方法だ。
これが意外と強力だということが、やってみればわかる。
何だかわかりそうでわからない「主体的・対話的で深い学び」ってやつで試して
みる。

中教審答申の次の文章を使う。
○ 「主体的・対話的で深い学び」の具体的な内容については、以下のように整理する
ことができる。
「主体的・対話的で深い学び」の実現とは、以下の視点に立った授業改善を行うこと
で、学校教育における質の高い学びを実現し、学習内容を深く理解し、資質・能力を
身に付け、生涯にわたって能動的(アクティブ)に学び続けるようにすることである。
① 学ぶことに興味や関心を持ち、自己のキャリア形成の方向性と関連付けながら、
見通しを持って粘り強く取り組み、自己の学習活動を振り返って次につなげる
「主体的な学び」が実現できているか。子供自身が興味を持って積極的に取り組む
とともに、学習活動を自ら振り返り意味付けたり、身に付いた資質・能力を自覚し
たり、共有したりすることが重要である。
② 子供同士の協働、教職員や地域の人との対話、先哲の考え方を手掛かりに考える
こと等を通じ、自己の考えを広げ深める「対話的な学び」が実現できているか。
身に付けた知識や技能を定着させるとともに、物事の多面的で深い理解に至るため
には、多様な表現を通じて、教職員と子供や、子供同士が対話し、それによって
思考を広げ深めていくことが求められる。
③ 習得・活用・探究という学びの過程の中で、各教科等の特質に応じた「見方・考
え方」を働かせながら、知識を相互に関連付けてより深く理解したり、情報を精査
して考えを形成したり、問題を見いだして解決策を考えたり、思いや考えを基に創造
したりすることに向かう「深い学び」が実現できているか。
(平成28年12月21日、中教審答申「幼稚園、小学校、中学校、高等学校及び特別支援
学校の学習指導要領等の改善及び必要な方策等について」p.49〜p.50より
→太字はルーディメントによる)

残念ながら、この文章を読んで、私の場合「はい、はい、わかりました」とはならない
のである。正直、わかりそうでわからない呪文のように聞こえてしまうのだ。
これが、趣味の世界なら、読み飛ばすこともできるが、新学習指導要領の大きなトピック
ということなので、いやでも読まなければならないのである。
が、マンダラを使って次のように「書き写す」だけで、「主体的・対話的で深い学び」
が見えて来る。少なくとも私はそう感じるのだがいかがだろう。(つづく)

nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

改めて「メモ学入門」を読む 24 健康って何だ [企画・思考]

改めて「メモ学入門」を読む 24 
健康って何だ
今泉浩晃「メモ学入門」p.115には、次のマンダラが登場する。
今泉氏の友人であるCIプランナー田島一夫氏からの情報をもとに、
「健康チェックの8要素」をまとめたものだそうだ。
スライド1.jpg
ここで今泉氏はマンダラの見方について重要なことを述べられている。
次の記述だ。
「さて、ここでもうーつ、あなたに気づいて欲しいものがある。 このマンダラの上に、
5Wマンダラを、そっと重ねて見てください。五つのW、それぞれに対応した位置の
言葉の意味を読んでください。そして、5Wでは空欄になっていた四隅のセルの言葉、
行動の左右、環境の上下、欲求の左右、そして意識の上下、これらの言葉がなぜ、
その位置に置かれているのか、それが分ってもらえれば、あなたのマンダラ理解度
は、相当なものになってきていますよ」
 

続きを読む


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

体徳知 [企画・思考]

体徳知
知徳体という言葉がある。
知も徳も体もどれも大切だと、私は思う。
しかし、最近はこの順番が大事だとも思う。
まず、体だ。体がなければ徳も知も始まらない。
ここ10年、何か子供達の体に大きな変化が起きているのではと気になっている。
初めてそれを感じたのは10年ほど前の体育の授業であった。
私がたまたまその授業を参観していたときのことだった。
5年生の運動が比較的得意な子が、普通に腰より少し高い跳び箱を跳び越した。
その直後、その子は小指が痛いと言い出した。
私はずっとその子の運動を見守っていたが、何もおかしいところはなかった。
着手の仕方も正常だし、特に強く手をついたこともなかった。
が、結果は小指骨折だった。
同様のことが学年は違うが一週間ほどしてもう一度起きた。
やはり、普通に跳び箱を跳んだだけなのに、指の骨折をした。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

ライフワークバランス [企画・思考]

ライフワークバランス
拙著「新卒教師時代を生き抜く2W仕事術」を上梓して早5年が経ちました。
そのp.153に次のようなマンダラを載せました。
スライド1.jpg
5年経った今、状況は少しずつ変わりつつあります。
マンダラで示すなら、このように変わりつつあるということです。
スライド2.jpg
もちろん、これは20代前半で大学を卒業し、その後最後まで勤め上げるとした
場合のマンダラです。そして、●学校に勤務といいながら、教師は勤務だけをして
いるわけではありません。教師の一日は、大きく分けると次の3つになるでしょう。
[満月]睡眠時間
[満月]勤務時間
[満月]勤務以外の時間
これらの時間配分を考えてみましょう。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

改めて「メモ学入門」を読む 23 [企画・思考]

改めて「メモ学入門」を読む 23
《カン》で遊ぶ
今泉浩晃「メモ学入門」p.113には、次のマンダラが登場する。
「能力開発の目標は《カン》を身に付けることだ」ということで、《カン》を
マンダラで開いたのだそうだ。
スライド1.jpg
改めて様々な《カン》を眺めると、
教育現場に何が不足しているのかが見えてくるような気がする。
 

続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

消え行く24時間営業 [企画・思考]

消え行く24時間営業
2月2日の「MAG2NEWS」によれば、ファミリーレストランが続々と24時間営業
から撤退しているという。
理由は、従業員の「ワークライフバランスの推進」だそうだ。
実際効果を上げているのが、全店で24時間営業をやめたロイヤルホストHDだそうで、
人件費の減少にも一役買っているという。
「ロイヤルHDの直近7年間の売上高人件費率は減少しています。2009年度は29.8%
でしたが、2010年度は28.8%、2011年度は28.8%、2012年度は28.2%、2013年
度は27.4%、2014年度は27.0%、2015年度は26.8%です。減少傾向を示している
ことがわかります。」
また、「近年は人々の生活行動が夜型から朝方にシフトしています。そのため深夜の
ファミレス需要が減っています。」ということもあるようだ。
いずれにしても、学校も「ワークライフバランス」ということを真剣に考えなければ
ならない次期に来ていると、私は思う。
 

続きを読む


nice!(4)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

VSOP運動 [企画・思考]

VSOP運動
VSOP運動なるものをご存じだろうか。
公益社団法人日本青年会議所 2016年度パラダイムシフト推進会議が
進める、本業を通じた社会貢献活動のことだ。
そこで私の教え子が、2016年度の議長をつとめていることを最近知った。
詳細はこのウェブサイトでみることができる。
特に、今、是非ともみていただきたいのが、
「動画で見ようVSOPを語る」の中の田坂広志氏の講演である。
「2016京都会議パラダイムシフトフォーラム」
の動画がそれである。30分にわたるご講演だが、
すべての教育関係者にみていただきたいと、私は感じた。
 


続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

改めて「メモ学入門」を読む 22 [企画・思考]

改めて「メモ学入門」を読む 22
一日を充実させる要素
今泉浩晃「メモ学入門」p.109には、次のマンダラが登場する。
スライド1.jpg
このマンダラを眺めていると、ふと昨年8月に出された
「次期学習指導要領等に向けたこれまでの審議のまとめ(第1部)」
が気になった。
このマンダラに登場するような「楽しむ」「豊かに」「創る」といった言葉が
どれくらい登場するのかということが、だ。
早速検索機能を使って調べた。
「楽しむ」「楽しみ」・・・0回
「楽しい」・・・1回
「豊か」・・・30回
「創る」・・・0回
「創造」・・・20回
私は、「生活を楽しむ」という発想を大切にしたいと思う。
確かに「生きる力」「生き抜く力」は大切だ。
しかし、豊かに生きるには、「生活を楽しむ」ということが欠かせないと私は考える。
 

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

難行苦行の漢字練習からどうやって抜け出すか [企画・思考]

難行苦行の漢字練習からどうやって抜け出すか
宇都出雅巳氏の「ゼロ秒勉強術」を読むうちに一つの記述が私の目をひきつけた。
「過去問は解かないで読む」というものだ。
この記述を読んで、私が連想したのは何故か漢字練習だった。
漢字をどうやって効率的に覚え、それを忘れないでいられるか
は、今も重要な課題だと私は思う。
恐らく、多くの方に同意していただけるのではないかとも思う。
言い換えれば、指導法が十分確立していないということだろう。
だいたい、日頃いくつずつ漢字を教えるのがよいか
ということさえ、解明されてはいない。
私の経験では、毎日2〜3の漢字を教えると効率が上がる。
ワーキングメモリについての最新研究の中には、
平均「4」という数を示唆している文献がある。
一度にワーキングメモリに蓄えることができる数は意外と少ないのかもしれない。
但し、年齢が上がってもこれはあまり変化せず、80歳でもそうは低下しないという。
コンスタントに毎日2〜3の漢字を教えると2ヶ月と少しで漢字スキルを
一度やり終えることができる。
その間、一旦ワーキングメモリに蓄えられた記憶をいかに長期記憶へと移行する
かが課題となる。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校