So-net無料ブログ作成

学力論を整理する 8 [企画・思考]

学力論を整理する 8

キーコンピテンシー等については、文科省や国立教育施策研究所のウェブサイトに
ある報告書、資料等が参考になる。10年以上も前から継続的に資料が提出され検
討されているようである。
最近では、「育成すべき資質・能力を踏まえた教育目標・内容と評価の在り方に関
する検討会― 論点整理―平成26年3月31日」が特に参考になると思った。
つぎの部分である。少々長いが引用させていただく。
 

続きを読む


学力論を整理する 7 [企画・思考]

学力論を整理する 7

学力論を少しずつ自分なりに整理してきた。
なぜ整理が必要なのかも、並行して考えてきた。

ある高校の先生が書かれているブログ記事を素晴らしいと思った。
次の箇所である。少々長くなるが、全文を引用させていただく。

           
「学力」とは何か、ということについては様々な考え方があり、学力論争なる
ものも過去には盛んでしたが、文部科学省は、この条文に 学力の三要素 が示さ
れているとしています。すなわち、

続きを読む


消すことによって新たなイメージが生まれる [企画・思考]

消すことによって新たなイメージが生まれる
世の中の動きが速くなればなるほど、ゆっくりと考えることが重要だと思うこの頃です。
私が師と仰ぐ今泉浩晃氏がマンダラの技という記事を書かれていました。
そして、最終回がこの記事でした。
曼荼羅は仏教の世界観、悟りの境地などを表したもので、仏像や文字やシンボル等で表現
されることが多いようです。
スライド1.jpg
今泉氏はこの仏像等を消し去ることによって、白地図としてのマンダラが見えて来た
と次のようにおっしゃっています。
「つまり 曼荼羅から 手法的な新しい発見は得られなかった。
だが 仏像が消えていく というイメージを掴んだとき
私の中には 新たな意味が生まれたように思う。
消されるから 新たな生命が生まれる という発想です。

これまで 私は マンダラとは組み上げられていくモノ
というイメージで見ていたわけですが
消すことによって 別のイメージが発生するというシーンは 新鮮です。」
スライド1.jpg
消すということの意味も、またマンダラで開いて見ると面白いと思い、
やってみました。
スライド2.jpg

続きを読む