So-net無料ブログ作成

「主体的・対話的で深い学び」って何だ6 [企画・思考]

「主体的・対話的で深い学び」って何だ6

最終型ができたところで、これを5Wマンダラに重ねてみる。
スライド4.jpg
こんな感じだ。
縦軸は、何かに興味・関心を持って学び、新しいことを創造することに向かう。
横軸は、そのためには時間的な見通しをもって粘り強く取り組み(繰り返し考え)
ときにふり返りながら持続することが大切。
そんなふうに読み取れる。
その際に、学びを円滑に進めるための条件として浮かび上がって来るのが、
ななめ軸に示されたことだ。
即ち、過去のデータ、情報、知識、知恵、智慧の閲覧と(それらを有している)
他人との交流だ。
さて、最も大切な中心は何かということが残されている。
それは、何が人間の学びを創造へと向かわせるかということだろう。
それは5Wマンダラと重ね合わせた時に既に明確になっている。
中心はあくまでもWhoだ。ここでは、自分だ。
つまり、自分にとって学ぶ必要があることなのである。
必要なことを必要なところから学び始める、これでいいのだというあたりまえの
ことに改めて気付くのである。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0