So-net無料ブログ作成

改めて「メモ学入門」を読む 24 健康って何だ [企画・思考]

改めて「メモ学入門」を読む 24 
健康って何だ
今泉浩晃「メモ学入門」p.115には、次のマンダラが登場する。
今泉氏の友人であるCIプランナー田島一夫氏からの情報をもとに、
「健康チェックの8要素」をまとめたものだそうだ。
スライド1.jpg
ここで今泉氏はマンダラの見方について重要なことを述べられている。
次の記述だ。
「さて、ここでもうーつ、あなたに気づいて欲しいものがある。 このマンダラの上に、
5Wマンダラを、そっと重ねて見てください。五つのW、それぞれに対応した位置の
言葉の意味を読んでください。そして、5Wでは空欄になっていた四隅のセルの言葉、
行動の左右、環境の上下、欲求の左右、そして意識の上下、これらの言葉がなぜ、
その位置に置かれているのか、それが分ってもらえれば、あなたのマンダラ理解度
は、相当なものになってきていますよ」
 

というわけで、5Wマンダラを重ねると次のようになる。
スライド2.jpg
例によって、これをじっくりと眺める。
すぐに気付くのが、「When」の部分だ。健康における時間的要素の正体がみえてくる。
「What」の左右をみると、行動を支えるものは運動と休息のバランスということが
みえてくる。さらにそれらの具体も明らかになる。
そして、最終的には「健康のマンダ」つまり、中心は何かを問うことになるだろう。
私なら「与えられたイノチを活かす」と書くかもしれない。
今泉氏は「メモ学入門」p.115に次のように記されている。
「こうして見ると、私たちにとって健康とはただ単に『病気ではない』という消極的な
意味ではなく、積極的に、自分の人生、生活を作り出す姿勢を持ったものだということ
が分ります。」
このマンダラは実に味わい深いマンダラだと思った。
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0