So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

年頭にあたって [挨拶]

年頭にあたって
今年もルーディメントを宜しくお願いします。

最近、一冊の本に出会った。
髙橋宏知「メカ屋のための脳科学入門」(日刊工業新聞社)だ。続編もつい最近出版
されたので、あわせて読んでいるところである。
一言で言うなら「久しぶりに面白い本と出会った」という感じである。
面白い本とは失礼かもしれない。「素晴らしい本と出会った」という感じである。
この本を読む前に、大いに刺激を受けた本が
エリック.R・カンデル,‎ ラリー.R・スクワイア (著)「記憶の仕組み 上・下」
(ブルーバックス)であった。この本を読んで、記憶の仕組みが少しだけわかった気が
していたが、髙橋氏の本はそれ以上に強烈だった。

何が強烈だったのか。
一つだけ例を挙げる。p.21に書かれている「脳はほとんど外界情報を必要としない」
である。氏によれば「視覚情報は網膜で神経情報に変換された後、脳幹の外側膝状体
という部位で一旦中継され、大脳皮質の一次視覚野に至る。外側膝状体に入力される
情報の内訳を調べると、実は網膜からはたったの2割しかなく、8割は一次視野覚か
らである」という。さらに読み進めると、一次視覚野の情報は高次視野角からの情報
がおよそ8割を占めているとあり、それを勘案すると一次視覚野に入る網膜からの情
報は全体の4%になってしまうということだ。氏は「・・・いかに、我々が妄想の中
で生きているかがわかるだろう」と述べている。

よく考えてみればこれはあたりまえと言えないこともない。
眼で見た外界からの情報をすべて記憶しているとすると10分も散歩すれば膨大な
情報量が脳に入るだろう。脳は多くの不要な情報を切り捨てているからこそ、注意し
たことや興味のあることを覚えていられるのかもしれない。
それにしても、4%という数字に大いに驚かされたのである。

前掲書には、この例ような驚きの情報が詰まっている。
良い本に出会えることは幸運だ。
 

 

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

今年もご愛読ありがとうございました [挨拶]

今年もルーディメントをご愛読いただきありがとうございました。
ルーディメントは正確にはルーディメンツと複数形で表すことが多いようです。
ドラムの奏法をRudimentsということから敢えて単数形にしていますが、意味は同じです。

今年、最もご愛読いただいた記事は、「閉脚跳び(かかえこみ跳び)は誰でも
跳ばせられる(加筆再掲載)」でした。
その記事単体で42000ものアクセスをいただきました。
やはり、皆さんが求めているのは具体的に「できる」方法なのだと感じました。
来年はもう少し具体的な方法についても書いてみようと思います。
書きかけとなっている記事も多数あります。
忘れているのではなく、最近は、ゆっくりじっくり考えることが多くなったためです。

歳をとればとるほど、「精読」「熟考」「再考」「再読」など、繰り返し、ゆっくりと
取り組むことが大切な気がしています。
そういう意味では時代に逆行しているのかもしれませんが、ご容赦ください。
改めて、お読みいただいた皆様に感謝申し上げます。

どうぞ、良いお年をお迎えください。

nice!(3)  コメント(1) 
共通テーマ:学校

算数教科書の読み方 5 [企画・思考]

算数教科書の読み方 5
日常授業は教師の「馴れ(なれ)」によって進められていく。
このことに最も注意を払わなければならない、私は最近そう思っている。
習慣化されたことは、誰もが無意識のうちのそれを繰り返すのである。
研究授業を年に一回くらいしたのでは、習慣化された日常授業を変えるカンフル剤
とはならないのだと、私は考えている。
習慣化ということについては、長期記憶という視点から脳の機能についての知識を
おさらいしておく必要があると思った。
「脳科学辞典」にあるこの図を是非みていただきたい。
次の図だ。
 

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

算数教科書の読み方 4 [企画・思考]

算数教科書の読み方 4
さて、ここからは具体的な教科書の読み方について考えてみたい。
まず、私がお勧めするのは読む前によく眺めるということだ。
繰り返しになるが、教科書指導書ではなく、教科書そのものを
よく眺めるということだ。
デザイナー今泉浩晃氏は「マンダラートの技法」で次のように述べられている。
「考えるということの本質は、日常の習慣化されたモノの見方なのです」
教科書の読み方は、一人ひとりの先生方によって異なるはずです。
初任者とベテランではきっと異なるのでしょう。
ここで気をつけなければならないことは、初任者であろうとベテランであろうと、
しばらくすると読み方が「習慣化される」ということです。
 

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

算数教科書の読み方 3 [企画・思考]

算数教科書の読み方 3
前回引用させて頂いた、藤井斉 亮先生の「教科書のご紹介」には非常に重要な
ことが示されていると感じている。今一度その部分を引用させて頂く。

「世界は日本の教科書にも注目しています。日本の教科書は、算数の内容の確か
な解釈に基づいて作られているからです。教材研究の結晶ともいえます
教材の価値が、子ども達にもわかるように工夫しました。・・・以下略・・・」
(太字は私による)

「教材研究の結晶ともいえます」
この部分が非常に重要だと感じたのである。
現在(いま)の教科書は、これまで様々な議論があったことを踏まえることを
前提に「厳選された問題群」で構成されている。そのような意味にこの部分を
私は受け取った。しかもそれが系統的に編集されて配列されているのが現在の
算数教科書なのだろう。 

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

算数教科書の読み方 2 [企画・思考]

算数教科書の読み方 2
ふと思った。
算数教科書を読む前に、算数教科書ってそもそも何ということを。
「また、変なことを言うな」
と思われた方は、是非読み進めていただきたい。
・問題解決学習
・系統学習
という言葉がある。
算数は系統性の強い教科である。その証拠に、例えば平成27年度版東京書籍
2年生以上の教科書目次には、その単元につながる単元が明示されている。
6年生の教科書目次には、中学のどの内容につながるかも書いてある。そういう
意味では、教科書全学年の内容は系統的に配列されているのである。だから、
全体的に教科書は系統学習のシステムと言えるのである。難易度も1年から段々と
6年に向けて難しいものになっていくのである。
 

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

国語という教科への疑問2 [企画・思考]

国語という教科への疑問2
簡単なリーディングスキルテストの問題について、中高生の誤答が多い原因
を私なりに考えてみる。
最も大きな原因は小学校の6年間でリーディングスキルの基礎が身について
いないからだと私は考えている。
では、その基礎とは何かと言えば、つぎの2つではないかと思う。

1.言葉(語句)の意味をとらえること。
2.(言語)環境に適応できること。

1.は関連する言葉に言い換えることだ。言葉の意味は別の言葉で言い換える
  パラダイムで表すことができる。言葉の意味がわからなければ、文章は読めない。
2.は言葉同士のつながり方をみることができることだ。文脈、階層性といっても
  よいかもしれない。中心と周辺というみかたもできるし、ネットワークという
  みかたもできるだろう。

ペーパーテストは、一定の条件下で、様々な問いに答えるものと言えるだろう。
ところが、この一定の条件というのがくせ者だ。
認知心理学でいうところの文脈依存性や領域固有性が関係してくるからだ。
テストのカタチといってもよいかもしれない。
例えば、学力・学習状況調査のB問題が挙げられるだろう。
小学生では、まず問題と解答用紙が別のテストという条件が加わるだけで、
普段のテストとは状況が異なるのである。
「そこに、複数の資料を読む」「字数制限のある短文で答える」といったさらなる
条件が加わることによって、状況は複雑化する。
リーディングスキルテストについても、テストのカタチは問題にしなければならない。
例えば、運転免許をとるための学課試験があるが、あれも独特のカタチがあるのは
ご承知のとおりだ。
「これって、読解テスト?」と思わせる部分もあるのである。
だから、学課試験の前には必ず「練習問題」を解かせるのだろう。そして、テストの
カタチに慣れさせるわけだ。
リーディングスキルテストについても「どんな条件下で行われたのか」をわれわれは
知る必要があるのである。

全国学力・学習状況調査についても、そろそろその信頼性と妥当性が検証されるべき
時が来ているように私は思う。国がつくったテストだから、その2つが担保されてい
ると考えるのはあまりに検討が足りないと考えている。
例えば、小学生の問題をランダムに抽出した大人にもさせて結果を比較すれば興味深
いデータが得られるのではと、私など考えてしまう。

重要なことは、学力はテストで測られるという点である。

誤答が多いという報道があると、「え、そんなにできないの」となる可能性がある。
が、ここはちょっと立ち止まって、それを調べたテストという「環境そのものに適応
できたのか」という視点で検証する必要があると、私は考えている。


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

国語という教科への疑問1 [企画・思考]

国語という教科への疑問1
11月7日付けの朝日新聞に次のような記事が掲載されていた。
「教科書の文章、理解できる? 中高生の読解力がピンチ」
内容を読むと、極めて深刻なもののように思われた。
概略は次の通りである。
・教科書や新聞記事のレベルの文章を、きちんと理解できない中高生が多くいる。
・国立情報学研究所の新井紀子教授らの研究グループの調査による。
・「リーディングスキルテスト」→教科書や新聞記事などの文章を読んでもらい、
 意味や構造を理解できているかを調べる内容。
何が深刻なのか。
リーディングスキルテストに使われた文章が、教科書からの抜粋であるという点だ。
 

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

「味噌汁・ご飯」授業研究会セミナーを終えて [その他]

「味噌汁・ご飯」授業研究会セミナーを終えて
10月21日土曜日、大和でセミナーを開いた。
算数授業に関するセミナーである。
算数の「味噌汁・ご飯」授業をどうつくるかという内容だ。
雨にも関わらず30名ほどの方が参加してくださった。
私は40分ほどいただいて、現在の算数教科書の長所やその読み方を
具体例をあげて説明した。
要は、もっと算数教科書を使い倒した方がよいという主張である。
そのためには、まず教科書をよく眺めることから始めなければならない。
・目次
・学習の手引きのページ(目次のつぎにある)
は、繰り返し眺め、教科書の構造、内容をつかむ必要がある。
 

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

「味噌汁・ご飯」授業研究会セミナーへのお誘い(最終) [その他]

「味噌汁・ご飯」授業研究会セミナーへのお誘い(最終)
お陰様で、地味な内容にも関わらず参加者が増えてきました。
いよいよ今週末です。
残席が少なくなって参りました。
アクティブラーニングの必要性が叫ばれ、
主体的で対話的な深い学びが重視される中、
なぜ今敢えて、算数授業なのか。
その主張の真意を知りたい方、気になる方は是非ご参加ください。
また、学校現場における混沌とした現在の状況をどうすればよいのか、
具体を知りたい方は、是非ご参加ください。
お申込はこちらからです。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:学校
前の10件 | -